【起業アイデア】もしも自分がブックオフの経営者だったら

どーも、最近ようやく宅建の勉強を始めたりむっちです(遅っw)

 

さて今日の起業アイデアは、前々から考えていた古本屋経営についての話です。

 

まず現在の古本屋市場最大の問題点を2つ挙げます、それは

・電子書籍の波に押されていること

・フリマサイトの登場でCtoCへ移行してること

です。

 

電子書籍の登場により、紙ベースの本は年々その市場規模を縮小させています。まずこちら日経新聞のデータを見てください。紙の市場と反比例するかのように電子書籍が急成長しています。

電子書籍には、紙の本と違って、いつでも、どこでも、好きな時に、好きなだけ本を持ち運んで読めるという強みがあります。

だから、紙の本(を扱う店)はこれと逆の戦略を取らなきゃいけないんですが、全くできていません。

ブックオフがやるべきことはシンプルに言えば一つだけです。それは、

店舗でしかできない価値の提供です。

 

ここでみなさんに思い出していただきたいのが、最近の本屋がカフェと組んで、漫画喫茶化してる現象です。

人々が本屋に本だけを買いに来ると思うのは古い考えで、最近の本屋さんには有名なカフェチェーンが入っており、棚から本を選んで、それを買わなくてもコーヒーを飲みながら読書が楽しめるようになっています。

最近でこそ、こういった形態の店舗が増えてきましたが、少し前までは誰もやっていませんでした。こんなの少し考えれば誰にでも思いつきそうですけどね。

ここで重要なのが、現在のサービス内容に問題がないか、突っ込んでいく力です。

お客様は、ただ本が買えればいいのか? 本を読ませたいなら椅子が欲しくないか? 飲み物を提供してはどうか?と。

この点今までの本屋さんはハッキリ言って最低でした(それでも本が売れた時代だから良かったですけど)。

定価で本を並べておきながら、お客様には立って読ませていたんです。もっとひどい店になると、立ち読み防止テープをかけて読ませないようにしてる所もあります。 

それがお客様にする態度ですか?

ただ読むだけなら図書館と変わりません、いや椅子が無い分本屋の方がひどいです。

立ち読み防止テープを全部にする意味はなんでしょう。表の一冊ぐらいしなくてもいいじゃないですかね。貴方は服を買いに来たお客様に試着もさせず服を売りたいんですかと聞きたいです。

まったくひどいもんです。お客様が勝手に来て本を買うという横着な発想はどこから生まれるんでしょうね。そんな経営者のいる店は淘汰されて当然です。

 

ここで、再び話をブックオフに戻しましょう。

ブックオフの最大の強みは何か、それは

日本全国に実店舗と”本を売るならブックオフ”という確たるブランド力を持っていること

です。

だから実店舗では、そこでしか味わえない価値を提供するべきです。

本屋だからって本だけを売る必要は無いんですよ。お茶しながらゆったり座って本が読めてもいいじゃないですか。本やゲームを安くレンタルできてもいいし、他の人と交流なんかを楽しめる空間であってもいい。これだけでもわざわざ店舗に足を運ぶ理由になりそうです。そういえば、最近Amazonが実店舗をつくってそこにオススメの本を並べて、こういう本が今売れてますよと人々に宣伝していますよね。ネット通販大手だからこそ取るべきおもしろい戦術です。

大事なことは、物だけ売ろうとするな!ってことです。

今の時代、1円でも安い物ならネットで探せば買えますからね。だからネットで中古相場調べてヤフオクで売るみたいな、転売屋がやりそうなツマラナイ方法で商売するのは止めましょうよ。

ブックオフさんには、ぜひ原点に立ち戻って、お客様に何が求められていて、どんな価値を自分たちが提供できるのかを考え直していただきたいと思います。1ファンとしてこれからも応援しています。

【ブックオフ】公式宅配買取サービス【送料・手数料無料!】

メルカリで売れなかった本は近所の古本屋で売ることができる。その受け皿的存在としても、まだまだブックオフの価値はありそうです。しかし漫画喫茶のようなストック性の高いビジネスモデルを考えなければ、これからますますこの会社は衰退していくでしょうね。今後の動きに注目です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。