【起業アイデア】不動産業界にフリーミアムの波は起こせるか

どーも、最近寝ても冷めても不動産のことを考えている りむです。

 

さて、今回は不動産のフリーミアムについての話を少し。

 

現在、世界中では基本の部分を無料に、それ以外の部分でお金を取るフリーミアムなるビジネスモデルが流行っているわけですが、こと不動産業界に限って言えば大変遅れていると言わざるを得ません。最近でこそ不動産の仲介手数料無料のCtoC賃貸物件マッチングサイトがぽつりぽつり出てきましたが、僕から言わせればまだまだ手ぬるいです。

賃貸物件において敷金は返還される性質のものなので良いとして、礼金と仲介手数料は基本0円のほうが借り手にはありがたいですし、もっと言えば賃料0円の物件があっても良いとさえ思っています(今後そういう流れは間違いなく来るでしょうね)。

考えてもみてください、今の日本の空室率を考えれば賃料にこれだけ毎月高いお金を払うこと自体がおかしい状況ですよ。

これだけ物件余ってるなら、需要の少ないエリアでは賃料がどんどん安くなってしかるべきです。建物なんて、せいぜい税金と修繕費さえ賄えれば、限りなく無料に近い家賃でも貸せるはずなんです。

家賃0円にして、それ以外の所で収益を得るビジネスモデルを考える人がいないことも不思議でなりません。例えば賃料0円にしてもらう代わりに不動産を持ってる大家さんに何か自分の持ってる資産(時間やモノ)を使って貢献してもいいわけですし、自社製品を宣伝したい企業が無料の広告ハウスを作ってそこの住人に宣伝してもらうのもありですよね。すでに行われてる例で言えば、少子高齢化に悩む地方自治体が、空き家をタダ同然で貸し出して移住してもらうのだって、立派なフリーミアム戦略です。

とにかく、我々が普段当たり前にお金を払っているものがどうすれば無料になるか考える所からフリーミアムのイノベーションが起こせるわけです。

この辺りの話は、こちらの本が参考になりますフリー 〈無料〉からお金を生みだす新戦略

 

このお金、本当に払う必要ある? ここに疑問を持つことからすべてが始まる気がします。

 

2017/10/2追記

ネットで探したら賃料0円のビジネスモデル構築した人いました。気になったのでAmazonで本買いましたよ。みなさんもよかったらどうぞ→ 「家賃0円・空室有」でも儲かる不動産投資―――脱・不動産事業の発想から生まれた新ビジネスモデル

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。