宅建試験受けてきました〜 自己採点結果と勉強法 公開

2週間にわたる挑戦が本日終了。

さきほど、ユーキャンの解答速報を見て自己(事故?)採点しました(笑)

 

結果は →→→→→→→ 29/50でした。

各種予備校が公表してる予想合格ラインは、33,34/50あたりなので不合格はほぼ間違いない感じです。ちーん⤵︎

 

さて、ただ自己採点の報告だけして終わるのもツマラナイので、ここからは不合格体験記として、ぼくの学習記録を公開しようと思います。来年の受験生のためにもね。

 

ぼくの学習期間、時間、使用教材は以下の通りです↓

【学習開始時期】 本番の2週間前

【総学習時間】 42時間+α

【使用教材と順序】

(1)うかる! マンガ宅建士入門 2017年度版 ←2回ほど読みました。マンガなので休憩時に読んでましたね。

(2)みんなが欲しかった! 宅建士の教科書 2017年度 ←2回ほど読みました。ページのデザインがGOODです!個人的にはスッキリわかる宅建士より頭に入りやすい気がします。

(3)2017年版 U-CANの宅建士 過去10年問題集 (ユーキャンの資格試験シリーズ) ←過去5年分解いて解説熟読しました。特に使用上問題は無かったです。

メインで使った教材はこの3つだけです。

あとは移動時間などの隙間時間に、こちらのアプリをやったり(なので勉強時間を+αとしています)、過去問の解説のために、こちらのサイトを参考にしたりしました。

これらを使ってひたすら2週間知識を詰め込みましたが、残念ながら合格点には及ばず。おそらく最低でも倍の80時間は必要だったなという感覚です(過去問あと5年分とそれの復習に+40時間程)。社会人だと1日平均3時間やるとして1月弱は見ておくべきかと思います。

中には、資格スクエア代表の鬼頭弁護士本人が語った動画はこちら)(東大法学部卒)や『校長は興銀マン―4年間の出向で学校が変わった!』の著者である安川さん(本人が語ったブログ記事はこちら)(京大法学部卒)のようにハイスペック&元々法律の下地があって2週間で合格!みたいな人もいますけどね。フツーの人は絶対にマネしちゃだめですよ(そんな人なかなか いないかw)。

やはり何事もコツコツやる人が最後には報われるんですね〜

もし今日自己採点して絶望的な状況であっても、しっかり対策すれば来年には必ず受かりますよ。僕が言うのもなんですが、宅建はそんなに難しい試験じゃないですから。

来年も受ける方はぜひ頑張って下さい! 健闘を祈ります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。