【起業アイデア】マレーシアで日本式トイレビジネス立ち上げ(追記あり)

どーも、最近、無性にマレーシアに戻りたいりむです。

 

さて、今日の起業アイデアは、前々から考えていたマレーシアでのトイレビジネスの話です。

 

日本のトイレは世界一というのは有名な話ですが、海外へ行くと強くそれを意識しますよね?

普段日本で暮らしていると当たり前すぎて気づかないと思いますが、日本のトイレは本当に快適です。

今年の春にマレーシアに行った時も、向こうのトイレがイマイチ過ぎて、観光中それだけが唯一の不満でしたからね(どんだけ神経質なんだよw)。

 

マレーシアのトイレを知らない人のために一応動画を撮ってきたので、まずはこちらをご覧ください。

これはKL(クアラルンプール)にある、ホテルで撮影したものです。

ご覧のように、日本のトイレで一般的に見られる水洗用のレバーハンドルがどこにも付いていません。その代わりに、便器の脇にホースがあって、そこから自分で水を出して排泄物を流します。

これって、日本人からしたら結構なカルチャーショックですよね?

何が衝撃かって、用を足した後、流す時に便器に跳ね返った水が自分の顔に掛かること、あと、排泄物が完全に流れなくて部屋に臭いが残ることです。もうこれだけでトイレ後はテンション下がります( ̄◇ ̄;)

さらにキツイのは、う○ちした後の紙を便器に流せないこと。トイレットペーパーは便器脇のゴミ箱に入れるのです。

そうでなくても開放的な場所にトイレがあるのに、お尻拭いた紙放置なんかしたら、部屋中に糞の臭いが充満しますからね。もう臭いフェチにはたまらないでしょうね(笑)

 

で、ここで一つ疑問に思ったんです。なぜ今までマレーシアに何万人も日本人が旅行に行っていて誰もこれを変えよう!って思わなかったのかと(旅行中そこまで考えないかw)。

せっかくトイレは水洗なのに、この不便さはアリエナイぞと。

 

これはもしやビジネスチャンスでは!?

日本式のトイレに改造できる業者を引き継れて、マレーシアでトイレリフォーム業やったら儲かるかも!そう思いました(あとは水に流せるティッシュも持って行きましょうw)。

リフォームって言っても、水洗ホースの水を引き込んで、日本式みたいにハンドルひねったらジャーっと水が流れるように改造するだけですからね。おそらくそんなに難しい技術はいらないはずです。

 

このアイデアどうですかね?面白くないですか? 

興味を持った方はぜひ!マレーシアでトイレリフォームビジネスやりましょう!!

 

2017/11/10追記

日本のTOTOさんがマレーシアにも拠点を持っているそうです。ただ日本式のトイレを輸出するには、その国の上下水道等のインフラ整備の問題、住宅関連の法規制の問題なんかがあり、なかなか一筋縄ではいかないらしいです。あとはそれを受け入れる文化的な土壌も必要ですしね。この辺の話は、こちらの本が参考になるかと思います→『市場を創る逆算思考: 日本の「トイレ文化」を世界に広げる』。TOTO相談役である木瀬氏の著書です。トイレビジネスに興味のある方は読んでみてください。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。