メルカリ改悪! 売上金での購入が不可能に

どーも、メルカリでビジネス書を売買するのが趣味のりむです。

 

さて、本日はメルカリの改悪情報が発表されましたね。先ほど、アプリ開いたらこんな情報が公開されていました↓

これによると12月から以下の3点が変更になるようです。

(1)初出品時の本人情報登録のお願い

(2)売上金のご利用方法の変更

(3)売上金の振込申請期限の変更

 

このうち改悪されたのは(2)と(3)です。

まず(2)ですが、今回の変更により、今後は売上金を直接使用しての商品購入ができなくなりました。

12月上旬からは、売上金を一々ポイントに交換しないと商品購入できないわけです。これだけだと、何も問題無さそうですが、次の(3)と組み合わさると最悪です。

(3)を見ると、こう書いてあります。

売上金の振込申請期限が90日に変更になります。これまで通り振込申請期限までに振込申請を行うか、ポイントを購入していただくようにお願いいたします。

※振込申請期限までに売上金のご利用がなかった場合、登録いただいた銀行口座に自動的に振込を行います。

 

これのどこが問題か分かりますか。

今までは、振込申請期限が1年間だったものが90日間と大幅に短縮されたわけです。さらに売上金を直接購入代金として当てられなくなったことで、売上金で買いたい人はポイントに交換せざるを得ないですよね。でもそうすると、

今まで売上金で商品を購入していたユーザーは、

旧制度:「よーし、この前売れた◯◯の売上金で△買うぞー」

新制度:「よーし、この前売れた◯◯の売上金をポイントに変えて△買うぞー」

これによってこんなことが…↓

旧制度:「売上金1万円以上貯まったから、銀行口座に振り込もうっと♪」

新制度:「商品買うときポイントに交換したせいで、なかなか売上金1万円以上貯まらないな〜、もうすぐ90日の期限きちゃうわ〜どうしよう、このままだと強制的に銀行口座に振り込まれる、そうすると210円も手数料取られちゃうよ〜´д` ;」

ってなるわけです。

売上金1万円未満の振込の場合、手数料が210円取られる仕組みでしたよね?

要は今回の改悪は、メルカリ側が、ユーザーに売上金をなるべく口座に振り込ませず、ポイントに変えてメルカリ内で使わせるための策略なわけです。

メルカリ運営側は売上の10%も手数料を取ってて、それをさらに増やすためにどうすればいいか知恵を絞ったようですね。もっとユーザーから手数料分取るにはどうすればいいかな?ヒヒヒヒヒψ(`∇´)ψとね。まったく賢いやり方です。

 

では今回の改定で影響受けないためにはどうすればいいのでしょうか?

一つは振込申請期限が到来したときに、常に売上金残高が1万円以上ある状態にしておくことです。

数百円とかの売上をコツコツ積み上げるタイプのユーザーは厳しいですが、毎月1万円以上コンスタントに売上げてるユーザーは、売上金さえ使わなければ、強制的に口座に振り込まれても、振込手数料の210円が掛かりません。

それか、売上金が1万円未満で振込期限が来そうな時は、全売上金をポイントに交換するしかないです←これはメルカリ運営側の思う壺ですが…。

 

結局ここでも、弱者が搾取され強者は影響なしという不平等な現象が起こってるわけですね〜

『富める者はより豊かに、貧しい者はますます貧しく』といった感じでしょうか。

ほんとうにメルカリにはガッカリです。以前ブクマの改悪記事を紹介しましたが、メルカリもユーザー目線を失っている気がしますね。

まあ、ユーザーというのは弱い立場ですから、使いたければ場のルールに従うしかないですけど、これ以上改悪されたら、メルカリ使わずに抵抗してやりましょうよ、で、新しい類似のサイト作りましょう!

ユーザー目線を失った企業に鉄槌が下ることを願ってこの記事を締めたいと思います。

 

メルカリしっかりしろ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。