正しい就活のあるべき姿から考える ダメな会社の見分け方 

 

どーも、現在、人生初転活(転職活動)中のりむです。

就活って、狩りと一緒で燃えますよね〜、出会いというロマンチックな要素もあるし、恋愛と一緒です(笑)

 

さて僕の就活スタイルの話をまずしておくと、僕は求人情報誌や転職エージェントを通す、いわゆる王道なやり方はほとんどしません。

じゃあ、どうするのかというと、まずネットで気になった企業をリストアップします。

例えば、経営者の経歴や実績だったり、会社の事業内容や規模だったりを見て、自分がスキルアップできそうな所を探すわけです。もちろん地理的な条件も加味して。

次に、その会社で現在職員を募集しているかどうかを調べます。していたらフツーに応募すればいいと思いますし、していなくても、僕は会社の問い合わせフォーム、電話、経営者のFacebook、Linkedinなどを使って直接コンタクトを取ります。

あとは、こちらに興味を持ってもらえれば連絡がもらえますので、そのまま面接に進めばいいわけです。

 

僕が一般に公開されている求人から応募するのが嫌いな理由は、採用する企業側から考えた場合の募集をかける理由によるものです。

企業が求人を出す主な理由として挙げられるのは、

①事業拡大による採用

②職員が定年退職したことによる補充採用

③職員が中途退職したことによる補充採用

の3つですよね。

このうち、短期間に何度も求人を出している会社ってのは、ほぼ間違いなく③番目に該当するわけです。そんな求人がハローワークや転職サイト、求人情報誌にはウジャウジャ溢れていますよね。

なんで、そんなに頻繁に募集をかけてるんでしょうか?それは、その会社がそれだけ労働者に嫌われているってことですよね?すーぐ辞めていくわけだから(例えば経営者がクソ、残業や休日出勤が多過ぎる、産休育休もマトモに取れないで女性が次々と辞めていく、人間関係が殺伐としているなど)

そんな会社に応募するのは、ハッキリ言って自殺行為です(自分を追い込みたいドMならいいでしょうけど

だから、僕は一般公開されている求人にはあまり興味が無いんです。恋愛と一緒で彼女をお見合いパーティーで作るか、その辺でイイ娘を見つけて自分で狩りをするかの違いと言えばわかりやすいですかね?イイ娘だったらとっくに売れてて彼氏募集なんてしてませんよね?

 

で、今までの話をまとめると、僕的にダメな会社というのは、企業乃至そこの経営者がどれだけ情報を公開しているか、また連絡を受け入れる体制をどれだけ整えているかという部分で判断するわけです。この基準によるダメな会社ってのは、例えば、

・自社のHP(ホームページ)が存在しない会社

・HPが存在していても情報公開が不十分な会社

・代表者がSNS等で発信を行っていない会社

などとなるわけです。

要は、自分らの活動をネット上で可能な限り発信しているかどうかという部分を見るわけです。

発信していれば、それだけ選ぶ方の判断材料が増えますからね。ネット社会時代にはこれは最低限やるべきことと、企業側には心得てもらいたいものです。←おまえ何様だよw

どんな企業でも、可能な限り優秀な人材を採りたいですよね? 人格が優れていて優秀な人間なんて引く手数多(あまた)なんですから、フツーに求人出したって自分の会社に応募してくることはまず無いですよ。就活する側もされる側もアピール力が足りない気がしますね、日本は。

しっかりやれよっ!(←うちのじいちゃんの口癖です(笑))

あとは余談ですが、知人の紹介ってのも紹介者が信頼できる人ならオススメな方法です。優秀な人間は優秀な人間と群れたがるものですから。

 

ここまでの話をまとめると、

結局、就活も恋愛も受け身じゃだめだぞ、自分から積極的に取りにいかないと!ってことですかね。

 

それではみなさん、今日も良い一日を(・◇・)/~~~バイチャ

 

※今回の話はあくまで中小企業をターゲットとしたものです。大企業はこの限りではありませんm(_ _)m

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。