本当のワークライフバランスとは? ブラック企業を増殖させる真の悪魔たち

日本の過労死は海外では奇異の目で見られているらしいです。

なんで日本人は、そんなに苦しいのにそこで働き続けるのか?と。

それは生活のため?

世間体?

責任感?

上司に逆らえないように洗脳されているから?

 

どれも当てはまりそうで、なんかシックリこないですね。

ここで考えなければいけないのは、なぜ働き続けるのか?ではなく、なぜそういったブラック企業が存続できるのか?ってことですよね。

結論から言いますが、ブラック企業を生み出すのは、紛れもなくそこで働き続けるヒトです。

なぜなら、どんな企業も従業員が全員辞めてしまったら規模縮小か倒産せざるを得ないですよね?そうならずに、いまも存続し続けているのは、無理してそこで働き続ける人たちがいるからじゃないですか?

 

ここで一度、なぜ日本人はそんなに無理して働くのかを考える上で重要な、日本人に多いメンタリティーについて考えてみましょう。

日本人というのは、同じ日本人同士でへんな横並び意識を持ちます。例えば、

自分たちが残業で苦しんでいれば、お前も一緒に苦しめよ!ってなりますよね?たとえその人に他の用事があっても、自分が仕事で忙しいのに相手が先に帰ったら、こう感じる人ってのは多いと思います。

僕なら、は? そんなの知るか!って思いますけどね。

残業したい奴はすればいい。

そもそも職種が違えば仕事量も当然違うわけで、同じ会社内でも部署や個々人の処理能力によっても単位時間あたりに捌ける仕事量に差が生まれるのは当然じゃないかと思うんです。

残業しないと終わらないのは、たいてい自分のマネジメント能力の欠如か、定時内で明らかに終わらない量の仕事を設定したマネジメント能力の欠如した上司が原因です。

前者なら自分で改善の余地はありますが、後者ならそんなクソな会社やめちまえと、僕なら思います(もちろん上司に相談した上でですよ)。

 

ちなみに僕は社畜って言葉が大嫌いです。

社畜になるのはお前が選んだ道だろ?って思います。

僕は嫌な仕事は1ヶ月ぐらいでやめたことがあります。無理してやることに何の価値も感じなかったからです。そんなの他にやりたい奴いっぱいいるんだから、その人たちがやればいい。自分がいなくなったって変わりなんていくらでもいる、そう思ったら躊躇なくやめられました。

 

話にまとまりがなくなってきたので戻しますけど、要するに、

ブラック企業を作るのは、そこで働いている従業員であり、無理して働き続ける社畜である

ということなんです。別に嫌ならやめてしまえばいいんです、そんな会社

とにかく我慢して働くな!命の無駄遣いだ!

そう言いたいです。

ぼくの言ってること間違ってますかね?

 

仕事をするためだけに、ぼくらは生まれてきたわけじゃないですよね?だったら、

いつ働くか

どれだけ働くか

誰と働くか

それを選ぶ権利はあるはずです。

1日24時間のうち、およそ三分の一にあたる8時間も職場で過ごすんですから、その時間も可能な限り幸福な時間であるべきですよね。

 

働くことに疲れた人は一度この点について考え直してもらいたいです。

その仕事無理して自分がやる必要があるのかと。

自分が辞めたって何も問題ないことの方が多いと思います。むしろやりたい人が一人参加できるわけだから感謝されるかもしれない

そう考えて、やめることを躊躇するのはもうやめましょう

幸せにならなきゃ、自分で決めて。

 

労働は喜びであり、自己実現の単なる一手段に過ぎない。仕事があなたのすべてになってはいけない。もっと気楽に生きましょう、お互いにね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。