【ビジネスアイデア】書籍レンタルサービス『BookMeBook (略してBMB)』立ち上げ

みなさんどーも、平日は早朝5時から読書しているりむです。

 

さて、今朝はこんなビジネスアイデアを思いつきました。

その名も、書籍レンタルサービス『BookMeBook(仮)』←私に本を予約して的な名前です、相変わらずセンスが…w

 

みなさんは年間にどれぐらい本を読みますか?

漫画本を含めたら、少ない人でも2,3冊はいきそうですね。

ちなみにその本はどうやって読んでますか?

買ってます? それとも立ち読みですか?

まあ、いずれにせよ、何らかの手段で読んでるわけです。漫画本なら一冊500円ぐらい、一般の本なら1000円以上はしますよね。年間2,3冊ならいいですが、僕みたいな本好きは、年間に百冊程度買いますのでその金額は馬鹿になりません。

読み終わった本はメルカリで売ってはいますが、全て売れるわけではないので置き場所にも結構困っています。

そこで今回僕が考えたのが、本を買わずにレンタルするサービスです。

具体的な構想は以前、『もしも自分がブックオフの経営者だったら』という記事でも紹介しましたが、ざっくり言うと、書籍を定価で貸し出すサービスです。

 

仕組みは簡単。まず定価と同額で会員に本を貸し出します。期間は仮に1週間としましょうか。で、一週間後にきちんと返却されれば定価の何割かをポイントでバックします。バックするポイントは送料とこちらの利益を差引いた額です。もちろんこのポイントは次回のレンタルで使えるようにします。もし期限までに返却されなければ、定価と同額で会員は本を買ったという形になるようにし、期限が過ぎた後に引き取って欲しければ、定価よりも安く買取ればいいわけです(転売され難くするため、図書館のように貸し出し用のハンコを本にデカデカと押してしまうという手があります。これによりフリマサイトで売り難くし、ブックオフなどの業者より高値で買取れば自社サービス内で本を循環できます)。

この仕組みを導入すれば、仮に本が返却されなかったとしても店側は確実に儲かります。さらに店側はわざわざ新品で本を仕入れる必要もないため、中古業者を通して定価よりも安い値段でどんどん本を仕入れて貸し出し本を作っていきます。

 

ちなみに、このサービスの対象となるのは、

本は所有するより、その内容を味わいたいだけ!という人達です。

この点でフリマサイトや中古ショップで本を購入する人は対象外。

さらに競合として考えられる漫画喫茶も、漫画部門に関してはライバル関係になりますが、自宅で落ち着いて本を読みたい層や、漫画以外の専門書も読みたい層をカバーできますので、我々の方が圧倒的に有利です。

なんならこれを、漫画以外の書籍も扱う書籍喫茶という形態で始めて、同時にレンタル事業をやってもいいわけです。

そうすれば、後はFC(フランチャイズ)化して世界に広めていくだけです。フハハハハ( ̄▽ ̄)笑

基本的に書籍サービスに国境は無いので、おそらくこのビジネスモデルは全世界に広まっていくでしょうね。Amazonがそうであったように。

 

シェリングエコノミーが盛り上がってきている今だからこそ始めたいサービスではないでしょうか。

どうでしょう、興味ありますかね? 

一緒にやりたければ僕に連絡を、そうでなければご自身でどうぞ。別にアイデアは無償で提供していますので盗まれても恨んだりしません(笑)

 

ではでは、みなさん今日も良い1日を(・◇・)/~~~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。