人生を劇的に変える3つの秘訣

みなさんどーも、最近、医療系の仕事からPCカタカタ生活にシフトしたりむです。

 

さて、タイトルにもあるように、本日は人生を変えるためのノウハウでもお伝えしようかなと思います(僕が最近学んだ、知識を入れたらすぐにアウトプットしろ!という教えを実践するためです)。

 

僕を含め世の中の99%の人ってのは惰性で生きています。

毎日朝起きてから夜寝るまでの習慣っていうのは、そう簡単には変えられません。このことは多くの人が自覚していると思います。

人間の脳は基本的に、安定とか安心を求めるようにできているので、新しいことや辛いことに挑戦しようとすると想像以上にエネルギーが必要なわけです。向上心のある人でも三日坊主で終わることが多いのではないでしょうか。

ダイエットや食事法など、テレビで○○が良いと言われても、それを1ヶ月、1年と続けている人は稀ですよね?

最近の研究では、実は人間の能力にはそれほど差がなく、平凡と非凡を分ける要因は、新しいことに挑戦し続けられるか、努力を継続できるかどうかの差でしかないという研究者もいるぐらいです。そして、その挑戦や継続する力というのは後天的に習得できるものです。

では僕たち99%の凡人が、非凡なこと、夢や目標を達成するためにやるべきこととは一体なんなのでしょうか?

それは以下の3つです。

 

1、環境を変える

2、外見や言葉遣いを変える

3、お金や時間の使い方を変える

 

順番に見ていきましょう。

まず1番目が環境を変えるです。

 

例えば、自分が東大に行きたいとします。しかし通っている高校は荒れたヤンキーばかりの学校。ここにいたら勉強のモチベーションってあがりませんよね。誘惑や妨害が多いと思いません?「テメー何くそ真面目に勉強してんだよ〜、このガリ勉!」って邪魔されるだろうことは想像に難くありません。

でも、これがもし毎年東大に何十人、何百人と合格する灘や開成高校のようなところにいれば、東大目指すのが当たり前の感覚になるでしょう。極端な話、東大に合格できないやつ=人間じゃないという空気感まで生まれそうです(イメージですみませんが、進学校にはそういう人間が一定数いますw)。

ちょっと極端な例を挙げましたが、これは受験に限らず、筋トレやダイエットにも言えますよね?

良い体が欲しければ、筋トレを頑張ってる人や既に自分の理想の体型を手にいれた人と一緒にいることです。そうすれば、自分もそうなりたいと思い続けられるし、そうなることが当たり前に感じるでしょう。つまり、

・自分と同じ目標を持つ人

・既に自分の目標を達成した人

たちのコミュニティに入りましょう、ということです。

 

2番目は外見を変えるです。

これは分かりやすいですよね。『人は見た目が9割 (新潮新書)』という本もあるぐらい、普段、我々は人を外見で判断しています。これは、初対面の人が自分にとって敵か味方かをまず判断しなければいけない、動物の生存本能とも関わっています。

例えば、病院というシチュエーションを考えてみてください。自分が命に関わる手術を受けるとなったときに、執刀医が金髪のギャル男みたいな格好で現れたら怖くないですか?

「ち〜っす、お前の執刀することになったりむっちで〜〜っす、よろしくっ!」って。

…。(絶句)

お前白衣はどうした?なんだよその格好、タメ口だし大丈夫かこいつ?って確実になりますよね(笑)

このことは、何も医療従事者に限りません。政治家や教師だってそうですし、ヤンキーだってそうじゃないですか?学ランの第一ボタンまでしっかり閉めて、パツパツのズボン履いてるヤンキーなんてみたことあります?全然怖くないですよね?(笑)

そう、まさしくこれです。その人の社会的イメージを作り上げている重要な要素の一つが外見や話し方なんです。だからこそ、できる人はこれらに高いお金を投資します。つまり、人生を変えたければ、その人間に相応しい外見と言葉遣いに変えましょうということです。

 

最後の3つ目はお金や時間の使い方を変えるです。

お金や時間の使い方は大きく分けると以下の3つに分類されます。

『浪費』と『消費』と『投資』です。

浪費とは無駄使いのこと。消費とは食費や光熱費のように生きていくために必要な出費のこと。投資は将来のリターンを見込んで使うもの全般を指します。

ここで普通の人とできる人の例を挙げましょう。

(普通の人)

毎日家でだらだらテレビみて、酒飲んで、ゲームばかりしてる。お金持ちになりたいけれど、特に努力はせず、とりあえず毎年、年末ジャンボだけは買っている

こんな絵に描いたような人物像の人が実は大半です。別に悪いわけじゃないですが、目標がある人がこの生活ではダメだということです。これでは死ぬまでこの人生でしょう。では続けて、できる人のパターンを見ていきましょう

(できる人)

TVはほとんど見ないか見てもニュース。海外のニュースは英語のリスニングの勉強も兼ねて見ている。お酒は飲むが節度を守って嗜む程度。普段は勉強の妨げになるからと控えるも、友人や取引先との飲みニケーションは思い切り楽しむ。休日はゲームもやるが、漫然とやるのではなく、自分だったらどうやって人に支持されるゲームを作れるかという目線でプレイ。ゲームアプリという課金モデルやゲーミフィケーションのビジネスへの応用を考えて参考にもしている。年末の宝くじは買わないが、どうしたら宝くじのようなビジネスモデル(収益の半分を売り手が、残り半分を当選者に分け与えるような仕組み)を作れるかを考えている。

↑平凡と非凡で内容を合わせるため少し強引な比較になってしまいました(笑)

比べて分かると思いますが、浪費や消費もそこにきちんとした目的意識があれば投資にもなり得るということです。一番良くないのは、なんとなく惰性でやること。浪費や消費は将来に全くプラスになりませんが、投資はプラスです。

 

以上が人生を劇的に変える3つの方法です。

改めて聞くとなんだそんなことかと思いますよね?誰にでもできる簡単なことです。でも続かないから99%の人は何も変わらない。

おさらいしましょう。

1環境を変える 2外見や話し方を変える 3お金や時間の使い方を変える

これらを変えていけば今日より明日、明日より明後日とドンドン自分を成長させられます。結果として収入の伸びも青天井に。

今の生活に満足しているならそのままでもいいですが、少しでも良くなりたいなら実践してみてください。書籍もブログも読むだけじゃだめです、実際に行動に移さないと。

今日からやろう、いますぐにです( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。