僕は自分の病気から成功者マインドを学んだ(3)

食事に続いて僕は睡眠について学び始めた

 
 
人間は一日24時間のうち約3分の1は寝ている
 
でもふと考えたら、睡眠の質に関して意識したことはなかった
 
それまでの僕は好きな時間に好きなだけ寝ていた
 
平日はある程度規則正しく起きるが、夜寝る時間はバラバラ
 
当然体は混乱する
 
高校生物で習った人は分かると思うけど、動物には一日の活動サイクル(概日リズム)がある
 
人間以外のほとんどの動物はそのサイクルに従って生きているわけだが僕は違った
 
夜寝る時間は日によって違う
昼寝は好きなだけする
休日は朝寝坊
 
こんな具合に、考えたらリズムなんて一切無視
 
夜寝る時間が違えば、当然日中眠かったりするし、昼寝しすぎると夜の睡眠の質はガクッと落ちる。
 
だから、とにかく体に負担が少ないように起きる時間、寝る時間は固定した
 
例えば、
朝は6時起床で22時就寝のように
 
昼寝時間は医学論文を参考に自分の体に合う20分までと決めた
 
あとは、夜の睡眠の質をあげるため、寝る2,3時間前は強い光刺激(テレビ、ケータイ、蛍光灯などの光)に当たらないように気をつけた
 
これらの努力の結果、睡眠の質は劇的に改善された
 
具体的には、
昼間の眠気やだるさは無くなり、夜は1分も経たず眠れるようになった(例え疲れていなくても)。朝は目覚ましがなくても自然と目がさめる。当然頭はスッキリ
 
これはすごい変化だと思った
 
 
食事、睡眠の質をあげるだけで人生は激変する
 
これにより、日中精力的に活動できるようになった
 
そうすると、次は運動に目を向ける余裕が出てきて…
 
ということで、運動の話は次回にします。
 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。