僕は自分の病気から成功者マインドを学んだ(2)

それから、僕は自分のライフスタイルを見直すことにした
 
大きくは以下の3つ
食事、睡眠、運動
 
それまでの僕は、食事にほとんど気を遣っていなかった。というかそんな発想自体が無かった。
 
好きなものを食べたい時に好きなだけ食べていた
 
添加物まみれのコンビニ弁当、脂っこいお菓子に砂糖たっぷりの炭酸ジュース…
 
体が悲鳴をあげていたんだと思う
 
もう限界だよって
 
だから徹底的に見直した
栄養素や添加物についての本も読み漁った
 
そして思った
 
こんなに恐ろしい物を何も考えずに20年以上体に取り込み続けていたのかと
 
それから僕は変わった
 
コンビニではあまり食べ物を買わなくなり
スーパーでは必ず裏の原材料名を見るようになった
とにかく本に載っている恐ろしい添加物を一つでも避けるために
 
そして僕の食事は劇的に変わった
 
一言でいうと、とても質素な食事になった
 
シンプルな食材にシンプルな料理
 
お酒、ジュースは避けてミネラルウォーターにし、揚げ物系やおつまみ類、それに菓子パンもやめた。ポテチやチョコなどのお菓子も、ハンバーガーやフライドポテトなどのジャンクフードもほとんど全て。
 
もっと早くにこうすべきだったんだ
 
なんでこんな身近な事に気付かなかったんだろう
自分も親も…
 
別に親を恨んではいないけれど、本当は子供に食べ物を与える親が一番こういう勉強をしなきゃいけないと僕は思う
 
最近アレルギーで苦しむ子が増えているという
でも一方で相変わらず親は子供に好きなものを食べさせている
 
食べ物は命の源
 
だから生きる上で、ここは何より注意を払われるべき
 
たとえ今の自分や子供に影響がなくても、それが孫やひ孫に影響が無いと言えるだろうか
 
 
だから気をつけなきゃいけない
 
全部を完璧にできなくても
 
頭の片隅にその事を置いて何かを食べるのと、全く知らないのとでは違う
 
 
僕はあの日、勉強の大切さを学んだ
 
自分を変えるのは結局自分なんだと
 
そして次の睡眠、運動の改善へと繋がっていく
 

食品添加物を学ぶならこちらの本がオススメです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。