悩むならこれで起業しよう!ビジネスアイデア100選

どーも、毎晩枕元にバナナを置いて寝ているりむです。 ←嘘ですw毎朝食べますけどね。

 

さて本日は、僕の頭の中にあるビジネスアイデアを、一気にドバァーっと吐き出してしまおうということで、この記事をつくりました。

名付けて、猿でもできるビジネスアイデア100選! ( ̄▽ ̄)ドヤ ←いつまでバナナ引きずってんだよ(笑)

 

毎日毎日ビジネス書を読んでるとですね、次から次にアイデアが浮かんでくるわけですよ。でも、それらを全部自分でやるのは物理的に不可能なわけで、だったらここでみなさんとシェアして、僕の代わりにやってくれる人に情報提供すればいいや思うわけです。

ということで、今思いつくやつだけ列挙していきますね。

このページは順次更新していきますので、とりあえず100個貯まるまでお付合いください。

もしかしたら、すでに世に出てるアイデアもあると思うので、そういうのは分かり次第消していきます。

それではいってみましょう!

 

(1)美容師育成カットハウス

新米の若くて可愛い美容師さんにカットの場を提供するサービス。美容師さんは、下積み時代が辛くて辞めていく人が多い現状をこのサービスで改善。お客さんは主に男性で、わかくてきれいな美容師さんに髪を切ってもらいたい人、おしゃべりをしたい人がメインターゲット。

(2)理容師育成カットハウス

こちらは新米理容師さん向け。とにかく場数をこなしてレベルを上げたいという新米理容師のニーズに応える。お客さんは、腕の劣る新米理容師であることと引き換えに低価格でカットを受けられる。例えばカットのみ500円とかシャンプー、顔そり込み1,000円など低価格が売り。

(3)全国の花屋さんをネットでつなぐフラワーライン

全国の花屋さんのデータベースを作って、一箇所のサイトで管理。お花を誰かに贈りたい人がサイトを訪れ、予算と用途を入力すると、近所の複数のお店が、こういうのを作れますよとイメージ写真を表示。お客はその中から気に入った提案を受け入れ購入する。

(4)売れる商品を事前に調べられるweb調査サイト

誰かがこんなアイデアありますとサイトで公表すると、他の人がそれに対して欲しい、欲しくないを(GOOD、BADボタンみたいな奴)で評価するサイト。これにより製品開発する前に需要を調べられる。

(5)マニュアルや契約書の内容を要約して教えてくれるサービス

契約書とかって長くて全部読む気しないですよね?それを、自分にとって重要なところだけをピックアップして教えてくれるサービス。

(6)SF映画、アニメに登場するテクノロジーを紹介するサイト

ドラえもんの道具とかって見てるだけでワクワクしますよね。これらを一つのサイトに全部集めて誰かに実現してもらいましょう。自分で見て妄想して楽しむのいいですしね。ざっくり言うとそんなサイトです。

(7)子供の送迎サービス(保育園や塾など)

最近は共働きが多く、忙しくて夫婦どちらも子供の送り迎えができないという悩みは多いですよね。それを代行するサービスです。

(8)医療従事者向けファッションサイト

医療従事者の着るものって言ったら白衣ですよね。でもあれっておしゃれな要素はほとんどありません。一言で言えばシンプル。患者さんからしたら一目で医療従事者だとわかっていいのでしょうが、もっと個性を出しませんか?小学生のランドセルみたいに。ということでこのサービスを考えました。

(9)ビジネス書喫茶

以前ブログで紹介した、漫画喫茶ならぬビジネス書喫茶です。ビジネスマンをターゲットに、大人の有料自習室としての機能も。新聞、ビジネス書、ビジネス雑誌、論文読み放題、コーヒーなどドリンクも飲み放題。

(10)ヒット商品名のもじり屋(僕は商品名の居抜き屋と呼んでいますw)

例えば、妖怪ウォッチ→養鶏ウォッチなど、国民の誰でも知っているような商品名をうまくもじって名前を考えてくれるサービス。命名代行サービスです。

(11)空き店舗bnb

みなさんご存知、Airbnbの類似サービスです。泊まるのではなく、空き店舗を貸す、もしくは使っていない時間帯だけ貸すイメージのサービスです。

(12)日本のトイレ輸出ビジネス

日本が世界に誇るトイレを海外に輸出する代理店ビジネスです。トイレはその国の文化とも深く関わるため、普及させるのが大変ではありますが、日本人が海外旅行に行くとトイレに不満を持つ人が多いことから、一度その国で受け入れられれば爆発的に広まる可能性があります。

(13)マニアックな情報のみを厳選したサイト

ニュースサイト+SNSを融合したサービス。気になるニュースを誰かが投稿し(リンクを張り)、それに対して他のユーザーが評価する。評価ボタンは”知っている”か”知らなかった”の2択。知っている人の数>知らなかった人の数ならその投稿は削除される。結果的に多数派が知らないマニアックな情報のみがサイトに残るので、効率良くマニアックな情報を収集することができる。

(14)

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。