医学部編入試験で年齢差別のなさそうな大学 

みなさんどーも、最近ブログネタを仕入れるために、KALSで出している医学部編入試験合格者の体験記を読み漁っているりむです。

※KALSとは医学部編入試験対策予備校の大手です。

 

一応、今手元に2014〜2016年までの合格体験記があるんですが、中でも2014年に載っている高齢受験者の体験記がすごいなぁと感心していました。

詳しくはヤフオクやメルカリで買って読んで欲しいと思いますが(ちなみに僕も出品しています)、国立のN大学やK大学では、40代後半や60代前半の人も合格しているのを見ると、高齢受験者をちゃんと闘いの土俵に乗せてくれていることが伺えます。その合格した方の体験記を読むと、学力はずば抜けていますが、他大の面接で悉く落とされているので、やはりいくら学力が高くても現実は厳しいようです。個人的には、人生の大先輩にこそ入学してもらって、若い人に大いに刺激を与えてもらいたいと思いますが。

もし受ける方がいましたら、こういった情報もきちんと仕入れておくべきかなと思います。

以前の記事にも書きましたが、しっかり調べもせず手当たり次第に出願するやり方は自殺行為です。

過去に自分と同じような学歴(職歴)や年齢で合格した人はいるのか、こういった情報からある程度志望校は絞るべきです。時間とお金は有限ですから。

 

とりあえず、これから2015、2016年の体験記も読むので、また何かあれば記事にしますね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。