雑記

朝型にしただけじゃダメ!簡単に一日のパフォーマンスを上げる3つの方法

みなさんどーも、最近は時間の使い方を研究しているりむです。

 

さて、僕は昔、超夜型人間で、夜中の2時に寝るなんて当たり前、ひどい時は朝方の4時や5時に寝ていました。その後就職して超朝型人間になり、毎日22時就寝〜朝4時半起床の生活が始まりました。

そんな夜型と朝型両方を経験した僕だから言えることがあります。それは、

やるなら絶対朝型がいい! これは間違いないです。

よく睡眠に関する自己啓発本には、夜の1時間=朝の3時間 に相当するなんて書かれていますが、本当にそうです。

LightWorks BLOGというサイトの『「寝る練習」で睡眠効率を上げて脳を活性化し、仕事のパフォーマンスを上げる方法』に分かりやすい図があったので、引用させてもらいます。

睡眠に関する本にもよく載っている、脳のパフォーマンスと時間帯に関する図です。

これによると、起床後徐々にパフォーマンスが上昇し、お昼あたりに一度下がって、2時頃から再び上昇に転じます。しかしその後は、夕方6時頃からずーと朝方まで下降していくのが分かるかと思います。

この図から僕は、一日のパフォーマンスを最大化する方法を考えました。そしてたどり着いたのが以下の3つの方法です。

1.脳のパフォーマンスは朝の4時頃から上昇していくので、ここで起きればいいスタートが切れる!

 朝一は脳がクリアなので、仕事や勉強をするのに最適です。朝は空気が澄んでいて、街には人が少ない。こんな時間から活動を開始する人は少数なので、ちょっとした優越感も味わえます。よし今日も頑張ろう!と気持ちも前向きです。

僕の場合、毎朝始発(朝5時台)の電車で会社近くのマックに行って勉強をしていました。この時感じたのが、夜だと3時間ぐらい掛かる内容が、朝だと1時間ぐらいでサクッと終えられるということ。1時間でこんなに勉強できるのか!?と驚いたのを覚えています。ちなみに、始発は乗客が少なく椅子に座れるので、落ち着いて勉強できるというメリットもあります。

さらに僕の場合、休日も同じように4時半に起きていたので、1日に使える時間がすごく長くなったように感じました。考えたら当然です。朝型の人は午前中に7時間半もあるんです。これが9時に起きる人だと僅か3時間しかありません。この差は恐ろしく大きいです。仮に年間休日数を120日とすると、

120日×4.5時間=540時間

これだけの時間があれば、本なら200冊ぐらい読めるでしょうね。20冊じゃなくて、200冊ですよ! 金銭的な成功者に朝型の人が多いのも納得です。

 

2.昼食後に睡魔が? パフォーマンスの低下は20分の昼寝で防げる!

 これは、睡眠に関する論文を読んで知りました。昼食後ってどうしても眠くなって、勉強や仕事に集中できないですよね。これを何とかするべく、睡眠に関する研究論文を読み漁りました。そして、ある答えにたどり着きました。それは、「ごく短い時間の昼寝であれば、パフォーマンスを改善する」と。どうやら短いというのは30分未満らしいのですが、個人差があると思ったので、早速、僕はタイマーを使った人体実験を行いました。そして遂に自分にとっての理想の昼寝時間を見つけたのです。それが16分昼寝。たった16分の昼寝で、1〜2時間ぐらい眠った感覚になるんです。これには驚きました。これで午後も朝一に匹敵するぐらいのクリアな脳で仕事ができました。みなさんも、ぜひ自分に最適なお昼寝時間を探して実践してみてください。

 

3.夕食後の入浴がパフォーマンスを回復させる!

 図をみてもらうと分かりますが、6時以降はパフォーマンスが低下の一途です。つまりここは、夜更かしすればするほどコスパの悪い時間帯になります。だったら早めに寝てしまった方が吉ですね。ただ、そうは言ってもやらなければいけない仕事や勉強がある人もいるでしょうから、そういった方にオススメなのが夕食後に入浴すること。昼食後はお昼寝でパフォーマンスの低下を防ぎましたが、夕食後は入浴で防ぎます(夜の昼寝?夜寝という言葉が無いように、これをすると夜の睡眠の深さに影響が出るのでしません)。温かいお風呂で血流が良くなり、一時的ですが脳が活性化します。ただしこれは諸刃の剣。一度上昇した体温が再び低下する過程で、脳は入眠モードに向かいます。そうなったら潔く寝て翌朝やりましょう。

 

ということで、以上が一日のパフォーマンスを改善するオススメの方法になります。もちろん、脳のパフォーマンスは睡眠だけでなく、食事や運動の習慣によっても決まるため、これだけで良いというわけではありませんが、少なくとも夜型→朝型にするだけで、使える時間は確実に増えるはずです。

みなさんの生活が少しでも良くなることを願っています。


ABOUT ME
LiM(りむ)
読者に媚びないブロガー代表。 会社に忠誠を誓いたくなかったので辞め『フリー』に。 読者に媚びを売りたくなかったので『媚びないブロガー』になりました。 読まれたい記事なんて描かないないですよ、自分が描きたいから描くんです。芸術ってそういうもんでしょ。