美術の成績2の僕がサイトデザインを学んだ本

最近こちらの本でデザインの勉強をしています_φ(・_・


ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版]

 

この本に書かれた、デザインで最も大事な基本の4原則とは、

近接・・・関連する項目はまとめてグループ化しろ(余白は適切に使え!)

整列・・・ページ上のすべての項目は視覚的につながりをもたせて配置しろ(無意識の中央揃えは最悪だ!)

反復・・・デザイン上のある特徴を作品全体を通して繰り返せ(一貫性をもたせろ!)

コントラスト・・・同一ページに2つの異なる要素を配置せよ(2つの要素はハッキリと異ならせろ!)

です。

そして、これら4つの原則すべてに共通することは、

ページ上のどんなものも、根拠なく配置してはいけない。適切な配置で読者の視線をコントロールしろ!

ということです。

当たり前といえば当たり前な話ですよね。

 

本書には、Goodなデザイン、Badなデザインがきちんと根拠を持って説明できるように、例が多数載っていますので、これを読め終えたあなたは、

・この配置は、もっとこうすれば良くなるのではないか

・この見やすいデザインとイマイチなデザインの差は○○のせいだな

などと、きちんと言語化して他人に説明できるようになるでしょう。

 

さすがに多くの人に評価されている名著なだけあります。

デザインの基礎を短時間で学びたい人にはおすすめです( ´ ▽ ` )

ノンデザイナーズ・デザインブック [第4版] 

 


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。