英語で可能性を表す助動詞一覧【英語】

復習も兼ねて調べてみました。僕の学習メモです。

 

日本語だと、《〜に違いない、〜だろう》と訳せば終わりですが、英語には可能性の順に複数の単語が用意されているんですね。

ということで、可能性の高い順に並べてみました。

must 〜に違いない (可能性98-100%)

will 〜だろう (可能性95-100%)

would 〜かもしれない (可能性90-95%)

should,ought to たぶん〜だ (可能性70-90%)

can 〜でありうる (可能性50-70%)

may たぶん〜だろう (可能性30-50%)

might ひょっとして〜かもしれない (可能性25-50%)

could ひょっとして〜かもしれない (可能性20-40%)

 

※willよりwould、canよりcould、mayよりmight と過去形の方が可能性は低くなるようです。

 

うーん、なんとも紛らわしい。一語で《たぶん〜だろう》で済んだらどんなにラクか(笑)

まあ、これだけ表現の幅があるってことは、歴史的にも使い分ける必要性があったからなのでしょう。ということで、我慢して覚えるとしますかw

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。