乳首に影響を与える16因子 これって病気のサイン?【英語×医学】

みなさんどーも、4時半起き朝活勉強会も12日目を迎えたりむです。

 

さて、本日も海外の医療系ニュースサイトである『Medical News Today』を教材として一日一記事翻訳作業を行いました。※ちなみに前回の記事はこちらです→前回の記事へ

 

本日は乳首(乳頭)に関するニュースです。

それでは早速いってみましょう!

 

(1)『Why do nipples become hard? どうして乳頭は硬くなるのか?(りむ訳)

《単語一覧》

・irritated 〈肌、喉などが〉ひりひりする、炎症を起こした

・soreness 痛み

・chapped 〈肌、唇が〉(乾燥で)荒れた、あかぎれを作って

・stimulus 刺激(物質) ※複数形はstimuli

・breast-feeding 母乳育児

・mastitis 乳腺炎

・thrush カンジダ症

・menstrual cycle 月経周期

※Perimenopause閉経周辺期、Menopause閉経期、Climacteric更年期

・birth control 避妊

・(mammary)duct ectasia 乳管拡張症

・antibiotic 抗生物質

・breast abscess 乳房膿瘍 ※pus膿、膿汁

・drain〈腫れ物〉から膿を出す ※discharge 膿を出す

・swelling こぶ

・incision 切開 ※make an incision切開する

・eczema 湿疹

・spasm (筋肉の)けいれん、ひきつれ

・numbness 麻痺、しびれ

・chemotherapy 化学療法

 

《乳頭に影響を与える16因子》

(1)エクササイズ、スポーツ

(2)アレルギーや過敏症

(3)性交

(4)母乳育児

(5)カンジダ症

(6)妊娠

(7)月経周期

(8)閉経

(9)避妊

(10)不安症やうつの薬、ハーブ類

(11)乳管拡張症

(12)乳房膿瘍

(13)湿疹

(14)レイノー現象(症候群)

(15)(乳房)ページェット病(パジェット病とも)

(16)乳がん

 

詳しい症状(ズキズキ痛む、ひび割れる、腫れるなど)と対処法を知りたい方はぜひ本文を読んでみてください。

 

(記事の感想)

今回は、男女とも興味があるであろう乳首の話題でした。男性もリスクは少ないですが乳がんになりますし、スポーツや事故による怪我で乳首に痛みを感じたりするのは男女一緒ですね。また、今回の記事中に、母乳育児中は、ラノリンクリームという羊毛脂の軟膏が保湿に最適とわかりました。どうやら乳頭の乾燥や亀裂に良いらしいです。日本だとあまり聞かないですよね?(僕が知らないだけかな^^;)調べたら、こんなクリームでした↓


Medela メデラ 乳頭保護クリーム ピュアレーン100 7g 天然ラノリン 100% (008.0395)

 

レビュー見るとかなりの高評価ですね。知る人ぞ知る良い品らしいです。彼女にも教えてあげようと思います。

乳首の乾燥で気になる方は試してみてくださいな。

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。