トリプルネガティブ乳がんに対する治療 ナノ粒子は救世主となるか【英語×医学】

みなさんどーも、4時半起き朝活勉強会も19日目を迎えたりむです。

 

さて、本日も海外の医療系ニュースサイトである『Medical News Today』を教材として翻訳作業を行いました。※著作権上全訳は掲載できないため、覚えたい英単語の一部と要点だけを感想という形でまとめています。ちなみに前回の記事はこちらです→前回の記事へ

 

本日のテーマ

(1)『Triple-negative breast cancer:Nanodelivery of new drug shows promise トリプルネガティブ乳がん:ナノ粒子を使った新薬の大いなる可能性(りむ訳)』

 

そもそもトリプルネガティブ乳がんとは?

病理検査によって乳がんをいくつかのタイプに分けたうちの一つ。エストロゲン受容体(ER)、プロゲステロン受容体(PgR)、ヒト上皮成長因子受容体2(HER2)の3つを持たない(陰性である)ため、トリプルネガティブ乳がんと呼ばれる。これら3つの受容体を持たないため、ホルモン療法、分子標的療法が効かず、抗がん剤のみの治療で対応せざるを得ない。概して予後が悪く、早期(術後3年以内)の再発率が高いことで知られている。

参考文献『トリプルネガティブ乳癌の治療戦略

 

日本人女性の乳がん罹患率は年々増え続けているため、決して他人事ではないですね。自分や大切な人のためにもぜひ勉強しておきたいテーマです。

それでは早速いってみましょう!

 

単語一覧

・nanoparticle ナノ粒子

・encapsulate (カプセルなどで物などを)包む

・peptide ペプチド(2個以上のアミノ酸がペプチド結合によって縮合してできた化合物の総称) ※発音に注意ペプチドじゃなく、ペプタイドですね。

・proliferation (細胞などの急激な)増殖

・aggressive cancer 進行の早い癌

・metastasis (癌細胞等の)転移

・chemotherapy 化学療法

・term 専門用語

・recurrence (病気などの)再発

・replicate (DNAなどが)自己複製する

・on closer examination (さらに)詳しく調査すると、詳しい調査によって

・chromosome 染色体

・condensation 凝縮

・clinical trial 臨床試験

・inhibitor 抑制剤、抑制物質

 

記事の感想

乳がんのおよそ10〜20%がTNBC(トリプルネガティブ乳がん)と診断されるようです。今回出てくるナノ粒子は、そんなTNBCに対して、癌細胞が分裂・増殖するのを促進するRANと呼ばれるタンパク質を阻害するペプチド(不安定な物質です)を包みこみ、直接癌細胞まで運ぶ役割を担っているようです。実験室では一定の成果が上がっているらしいので、今後のさらなる研究に期待したいですね。

 

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。