抗生物質の長期服用は女性の命を縮めるかも【英語×医学】

みなさんどーも、4時半起き朝活勉強会も23日目を迎えたりむです。

 

さて、本日も海外の医療系ニュースサイトである『Medical News Today』を教材として翻訳作業を行いました。※著作権上全訳は掲載できないため、覚えたい英単語の一部と要点だけを感想という形でまとめています。ちなみに前回の記事はこちらです→前回の記事へ

 

本日のテーマ

(1)『Long-term antibiotic use may shorten women’s lives 抗生物質の長期服用は女性の命を縮めるかも(りむ訳)』

 

抗生物質のおかげで今まで数えきれないほど多くの命が救われてきました。しかし、その影の部分にはあまり着目してこなかったのではないでしょうか?どんな薬にも必ずコインの表と裏のように副作用があるものです。本日はそんな抗生物質についての記事です。

それでは早速いってみましょう!

 

単語一覧

・antibiotic 抗生物質

・diarrhea 下痢

・fungal infection 真菌感染

・digestive  tract 消化管

・vagina 膣

・gut microbiota 腸内細菌 ※micro organism 微生物

・adverse 有害な、不都合な

・cardiovascular disease 心血管疾患

・epidemiology 疫学

・duration 継続(期間)


システム英単語メディカル

こちらは僕が現在使用している医療系の英単語帳です。これをやっておくだけでも、だいぶ海外の医療系サイトが読みやすくなります。オススメです。

 

記事の感想

抗生物質との関連が疑われる副作用としては、体調不良、下痢、口腔・消化管・膣の真菌感染(カンジダ症)などがあるようです。また、抗生物質の長期服用によって抗生物質抵抗性となった腸内細菌が命を脅かす心血管疾患やある種の癌と関連しているとも考えられています。

60歳以上の女性37,510人から得られたデータによれば、少なくとも2ヶ月抗生物質を服用した人では、そうでない人よりも27%、全疾患での死亡のリスクが上昇したというデータもあるようです。ただ癌での死亡については、ライフスタイル、食事、肥満、その他薬の副作用との関連性も疑われるためハッキリと断定はできないようです…。とりあえず、抗生物質を服用するのは本当にどうしても必要な時に限るべきということですね。

副作用の無い完璧な薬など無いですから、自分も気をつけたいです。

 

ではでは、また次回の記事でお会いしましょう( ´ ▽ ` )ノ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。