洋画

原発映画の元祖『チャイナ・シンドローム』

どーも、りむです。

さて本日紹介するのは、1979年にアメリカで製作された『チャイナ・シンドローム』という原発映画です。まずは予告編をどうぞ。

原発で働いている人ならチャイナシンドロームという言葉を知らない人はいないと思います。

チャイナシンドロームとは、核燃料がメルトダウンによって圧力容器や格納容器を溶かし、それが貫通して地中にめり込んで、地球の反対側にある中国に達するのではないかというジョークの事です。

この映画で描かれているのは、原発企業の隠蔽体質とそれに対する警鐘です。

以前紹介したこちら

のように企業が、職員や地域住民の安全を無視し、利益や効率を追いかけた結果事故が起きるわけです。

本作に登場する原発管理者のセリフにこんなものがあります。

原発は事故を想定して作られているから安全である」と。

フクシマ原発事故を知る我々は、この言葉がいかに電力会社や政治家の過信・妄信であるかわかると思います。

この世に絶対なんてものはありません。安全策を100個考えても、いつか101個目が現れるかもしれないのです。

この映画を見て、ぜひあなたにも考えてもらいたいです。あなた自身やあなたの愛する家族の命をお金で他人に売り渡せるかどうかを。