胃部X線(バリウム)

バリウム検査後の下剤等の説明【英語-日本語マニュアル】

バリウム検査英語で説明

こちらは、私がネイティブふたりと共同で作ったものになります。

紙に印刷して、英語しか理解できない受診者さんに渡すという使い方がオススメです。

こちらの記事は、法人での購入&使用を想定しているため、金額は5万円に設定しています。

※購入後、codocのアカウント上で領収書を出力することが可能です。

検査後の注意

(必ずお読みください)

Precautions after examination

(Please be sure to read.)

検査後、バリウムが排泄されないまま長時間腸内に残っていると、固まって排泄されにくくなり、まれに腸閉塞や消化管穿孔を起こすことがあると報告されています。 下記の注意をよくお読みになり、下剤を服用しても翌日午後まで排便がなく心配な場合はご連絡ください。

It has been reported that Barium can remain in the intestines for some time after gastric cancer screening. There is a possibility of Barium hardening in the intestines and becoming difficult to excrete. This can cause intestinal obstruction and perforation. Please read the following and contact us if you don’t have a bowel movement until the afternoon of the day following your screening.  

* 腸閉塞とは腸がつまってしまうこと

* 消化管穿孔とは腸に穴があくこと

*Intestinal obstruction: blockage of the intestines.

*Gastrointestinal perforation: a hole developing in the intestines.  

目次

下剤(液体)はあらかじめバリウムの中に入れます。

Liquid laxative is mixed in the barium solution in advance.

検査後すぐにコップ2杯以上の水をお飲みください。

Drink more than 2 glasses of water immediately after the examination.  

検査後は早めに食事をおとりください。

Eat a meal as soon as possible after the examination.