Google Adsenseのリンク広告は浄土真宗のお坊さんから教わった

みなさんどーも、今日はあからさまな釣りタイトルですみません(笑)

 

さて、昨日はこちらの本を読みました↓


Google AdSense 成功の法則 57

この本は、ブロガーのバイブル『ブログ飯 個性を収入に変える生き方』の著者でもある染谷昌利氏の書いたGoogleアドセンスの入門書です。

染谷氏といえば、10年近く前からブログで飯を食っている重鎮ブロガーの一人ですよね。

そんな僕も最近彼の存在を知って、いろいろと勉強しているわけなんですが、広告一つとっても学ぶべきことはたくさんありますね。

 

僕の運営しているサイトを見たことがある人はわかると思いますが、僕は一昨日まで全部のサイトで、

テキスト/イメージのレスポンシブ広告のみしか使用していませんでした。それは他の広告タイプがよく分からなかったからです。

しかし広告タイプは他にも、リンク広告、インフィード広告、検索ユニット広告など色々あることをこの本で知りました。←今頃かい(笑)

特にリンク広告の効果は絶大らしく、この広告にしてから、

広告のクリック率が2倍に増えた

とか

収益が1.3倍に増えた

などという話がネット上には溢れています。

なかにはこちらの浄土真宗のお坊さんのように、「他の広告タイプは嫌いだから俺はリンク広告しか使わない!」

という猛者もいたりします。←それにしても坊さんがアドセンスで稼ぐ時代って(笑)

早速当ブログも、お坊さんを見習って記事上下にリンク広告を配置しました。あとは反応を見て、今後も継続するかどうか決めたいと思います。

 

Googleアドセンスで稼ぎたいけれど、よくわからないっていう初心者にはオススメの本なので、基礎から学びたい人はどうぞ。

Google AdSense 成功の法則 57