原発

原発利権をソフトに学べる『まんが 原発列島』

どーも、りむです。

本日紹介するのはこちら↓

1989年に出版(震災後の2011年に増補版が出版)された『まんが 原発列島』です。

この本の対象読者

・マンガで手軽に原発を学びたい人(1時間もあれば読めます)

・原発利権を軽いタッチで学びたい人

この本からは、以下のことが学べます。

・原発の歴史(諸外国の核兵器開発競争から原発開発への流れ)

・原発作業員の日常(笑)

・原発利権とマスコミ

あくまでも、ザックリとです。

原発作業員の実態に関して、より詳しく知りたい人は

こちらの『いちえふ』(全3巻)というマンガがオススメです。

かな〜り詳しいです。

 

【今回の作品に登場するキーワード】

電源三法・・・電源開発促進税法、電源開発促進対策特別会計法、発電用施設周辺地域整備法の三つ。国から原発を誘致した地方公共団体に出る交付金。

原子力発電 開発の歴史・・・1954年ソ連のオブニンスク原子力発電所、1956年英国のコールダーホール原子力発電所。これに遅れをとった米国が、当時使用していた潜水艦用の原子炉を転用して原発を生産し始めた。

興味のある方は本書で続きをどうぞ。