osclassでポケモンGOのマッチングサイト作ってみた

みなさんどーも、先日の旅行で買ってきたお土産を、二日でほぼ全て食い尽くしたりむです。

一日中家にいると、やめられない〜とまらない〜♪のかっぱえびせん症候群になるんですよね。←古いかw

 

さて現在osclassでLinkRadに引き続き、もう一サイト作っているりむですが、osclassは解説サイトが少ないため、自分の過去記事を読み返して、ウンウンうなりながら作っています。

制作過程を記事にしておいてホント良かったですよε-(´∀`; )フー

 

ちなみに、どんなサイトを作っているのかって? 

それはまだ秘密です。 ある程度形になったら公開しようと思います。

 

はてさてどんな感じに仕上がるかな。楽しみです_φ(・_・カタカタ

 

<制作期間>2018/8/16〜2018/8/21

以前書いたこちらの記事を参考に、サイト制作を進めました。作業工程を簡単にまとめると以下のようになります。

0.まずサイトのアイデアに関して青写真を描き、それを信頼できる誰かに話して率直な意見をもらう。脈がありそうなら作ってみる!

  1. osclassインストール
  2. テーマインストール
  3. サイトのssl化
  4. URLをドメイン名のみ表示させる
  5. 英語→日本語に翻訳(プラグイン+Poファイル編集で地道に翻訳)
  6. 都道府県を北海道〜沖縄の順に並べ替え
  7. Googleの各種設定(アナリティクス、サーチコンソール、アドセンス)
  8. ユーザーテスト(サイト内やメールの動作・文言がおかしくないか確認)
  9. サイトの利用規約作成(こちらのサイトで商用利用可の雛形をいただきました)
  10. ユーザーへの宣伝活動開始!(あらかじめSNS等で人脈を広げておくとスムーズに事が運ぶかも)

 

2018/8/21追記

サイトを公開しました〜、それがこちらです↓

モンスター交換/フレンド募集広場『SenPokeクラブ』

こちらは私の趣味であるポケモンGOのために作ったサイトです。

都道府県、市区町村で絞って、近所のポケモンGOユーザーを探せるという、ありそうでなかったマッチングサイトです。

こういうサイト作るのにはosclassはラクでいいですよね〜

前回のLinkrad制作に比べて、今回は6日間という超短期間でそれなりに使えるレベルのものを作れました(しかも制作費は0円です。正確にはドメイン取得代1,600円ぐらいか)。

今後は、アクセス数が一定以上集まるまでは、余計な機能や広告は一切つけない予定です。Facebookもそうだったよね?たしか。←Facebookを同格にみるのはやめろw

あとはこの本でも読んで勉強しようと思います_φ(・_・

ではでは、osclassでマッチングサイト制作中の方も、これからの方も、よいマッチングライフを( ´ ▽ ` )ノ笑