放射線書籍

東海村JCO臨界事故から学ぶ被曝の恐ろしさ『朽ちていった命』

どーも、りむです。

本日紹介するのはこちらの本です。

1999年9月30日に茨城県東海村で起こった臨界事故。その時作業にあたっていた作業員の一人、大内久さん(当時35)の「被曝から死亡」までの経過を詳細に綴った本です。

当時、JCO株式会社では非常に杜撰な管理体制の下、核燃料の製造が行われていました。そんな中、ウラン燃料の加工作業を行なっていた大内さん(とその同僚2人)を悲劇が襲います。

大内さんが、ウラン溶液を沈殿槽という入れ物に流し込んでいる最中に、そのウラン溶液が臨海に達し核分裂連鎖反応が起こったのです。この時発生した大量の中性子線を大内さんは至近距離で全身に浴びてしまいました。

これによって大内さんを放射線の急性障害が襲います。激しい嘔吐に続いて意識を消失。ここから病院へ運ばれて入院生活が始まるわけですが、内容はあまりにも悲惨です。

特に際立っているのは『被曝によって肉体が徐々に破壊されていく恐ろしさ』です。皮膚は剥がれ落ち、全身が包帯で巻かれ、鎮痛剤、強心剤が際限なく投与されていきます。

まるで穴の開いたバケツに水を流し込むような治療が行われていきますが、治療に当たっている医師も看護師も皆気付いているわけです。

これは全く勝ち目のない戦(いくさ) だと。

致死線量の全身被曝に対しては、現代の医学でもどうしようもないのです。

それでも医療従事者たちは闘います。いや、正確に言うと闘ったのは大内さんです。大内さんは治療中にこう叫ぶんです

おれはモルモットじゃない」と。

僕はこの本を読んで、これは医学研究のために続けられた治療だと思ってしまいました。治る見込みの全く無い人に、苦しむ患者さんに治療を続けることが果たして正義なのか?と。

もちろん安楽死や尊厳死には日本の法律が絡んでくるので、感情論ではどうしようも無い部分はありますけど、この本を読むと嫌でも考えさせられます『人間の尊厳ある最期』について。ぜひあなたにも考えてもらいたいです。

おそらく、これからも同様の被曝事故は起こるでしょう。人間が『放射線』を使い続ける限りは。

おまけ

東海村にある『原子力科学館』には、臨界を起こした沈殿槽のレプリカが展示されているそうなので、機会があればぜひ。