放射線技師のためのQ & A

Q.健診業界は就職難か? これから生き残れる放射線技師とは

A.かなり厳しいと思います(特に男性技師は)。しかしマーケット感覚があれば生き残ることは不可能ではないです。

健診業界のみならず、病院も含めて放射線技師は厳しい時代になると思います。

一昔前まで、技師と言えば、アナログな機械を操作するプロのカメラマン、職人のようなポジションでしたが、今はデジタル化の流れの中で、誰でもそこそこの写真が撮れるようになりました。極端な話、経験年数3年も30年も大差がありません。これは、経験値がそこまで重要なファクターじゃなくなってきたと言うことです。

今後この流れは、AIなど科学技術の進歩によって、ますます加速するでしょう。

そもそも医者の業務もAIが代替しつつある時代です。放射線技師だけじゃなく、検査技師や薬剤師など、他の医療系職種も今までのように安穏とはしていられません。

さらに追い討ちをかけますが、健診業界の需要は圧倒的に 女性>>男性です。

雇う側から見て、マンモグラフィーが撮れない男性技師を雇うよりも、女性技師を雇った方が使い勝手がいいからです。

もう一つの大きなニュースは、健診業界の主な収益源の一つであるバリウム検査が、最近、

ABC検診(ピロリ菌とペプシノゲンによる胃がんのリスク判定)と内視鏡検査に置き換わっているという現状です。

バリウム受診者数の減少傾向はどの施設も明らかであり、今後も徐々に減っていくことが予想されます。

これらの話を踏まえると、健診業界の技師(特に男性技師)はますます生き残りが厳しくなりそうです。

ネガティブな話ばかりになりましたが、これが現実です。

では、この現実を踏まえて、健診技師(特に男性技師)はどうやって生き残っていくべ気でしょうか。

僕の周りで活躍している男性技師を例に、解決策を考えてみたいと思います。

解決策1 何でも屋を目指せ

僕の周りには、自衛隊出身の技師がいるのですが、一人で、放射線技師、准看護師、大型自動車免許を持っています。

自衛隊は、独自に医療従事者を育成する教育機関を持っていますので、隊員であるうちに、これら健診で使えそうなスキルを複数身につけておくということが可能です。

会社側から見て、これほどお得な買い物は無いわけですから、男性技師でも就職に困ることは無いでしょう。

もし技師で食えなくなっても、大型自動車免許を持っていれば、スタッフの送迎や運送業界への転職など潰しが効きます。

ということで、最低でも大型自動車免許を取るというのは、今すぐ誰にでもできる戦略としてはありですね。僕は運転が苦手なのでやりたくありませんが。

解決策2 他スキルと掛け合わせろ

解決策1と一部被りますが、こちらは、相乗効果を期待して、スキルを複数掛け合わせて、業界内で独自のポジションを気づいていく戦略になります。

例えば、僕の場合、

放射線技師 × プログラミング 

で、業務の効率化が可能です。

僕は現在フリーの技師として働いているわけですが、5社ぐらい掛け持ちしていると日程の調整が大変です。

そこで、業務依頼用のスケジュール共有サイトを作って、その手間を大幅に減らしました。

また、前職の公益財団法人時代は、

放射線技師 × 英語

の掛け合わせで、外国人用の検査マニュアルの翻訳も行いました。

これも、当時できたのは職場内で私一人だけでしたので、存在感をアピールできました。

この辺の話は、こちらの本に詳しいので、よければ読んでみてください↓

解決策3 雇われずに雇え

僕の周りには、放射線技師で起業した人が何人かいます。

それは技師の派遣会社だったり、健診会社だったり、医療機器のレンタル会社だったりと様々です。

共通点は、誰かに雇われないで生きているということです。

自分で自分に給料を出す立場ですから、当然リスクは高くなりますが、その分リターンも多くなります。

放射線技師でも年収何千万とか稼いで、高級車に乗ったり、海外旅行に出かけたりと、彼らは普通の放射線技師には想像もつかないような世界で生きています。

この辺の話は、こちらの本が参考になりますので↓ 興味があれば読んでみてください。

まとめ

いかがだったでしょうか。

この他にも、もしかしたら解決策がいくつもあるかもしれません。

今回の話を聞いて、あなたが

スキルの掛け算で希少性を上げる

雇われない生き方もある

ことに少しでも興味を持ってくれたら嬉しいです。

共に、放射線技師コミュニティを盛り上げていきましょう!